くずの魚

感想 日記 夢 文章

ながいゆめ

かなり物語っぽかったながいゆめ 起きてすぐこれを書いている


何か高校生くらいの男二人女二人が旅する話だった 主人公っぽい男 少し太っていてだるま落しに使うみたいなサイズの小さな金槌で何らかの金属をつねにたたいていないと落ちつかない男 メガネをかけた制服と肌色のニットベストを来た女 元気っぽい感じのツインテールの女 でもなんか一人から二人くらいはヒトが増えたりメンツが変わったりもしていた気がする 特に連続性のない旅っぽい夢を立て続けにみただけかもしれない

忘れないように書いておく マットのしたに閉じ込められるやつ 月の目線から太陽の裏に隠れて雲まで落ちてつくりものの世界に行こうとするやつ 女の子おそらくメガネのやつが神のような存在だったこと あともっと上位の神っぽいのもいたこいつらは時間にも干渉できた白っぽい分厚い円盤に目をつけたみたいなおとなしいやつとそのあとにでてきたずんぐりむっくりのてるてる坊主みたいな形で口だけがある黒くて悪いやつ 女ふたりがつくりものの世界に行っている間に男たちとはぐれてしまったんだったか わすれてきた

その者たちが旅をしていた世界はそのときとても不思議な状態になっていて願ったものを形にする力みたいなのがあった なんか雲のうえを歩くかなんかして旅をしていた四人のうちメガネの女が隙をみてツインテの女にこっそりこの不思議な力をつかってフィクションへ行かないかと誘ってツインテは渋々それに乗った 不思議な力の行使を成功させるには、めちゃくちゃ長い飛び込み台みたいなのを走りきってからひとつ下層の雲にダイブしなければならない ただし月に見つかってはいけない 月のより奥にある太陽が落ちていく速度に合わせてその裏に隠れて月の視線をやりすごさなければいけない しかし女二人はこれに失敗してぐちゃぐちゃした正しくない世界に飛ばされてしまう

目を覚ますとメガネの女は学校にあるような分厚いマットの下敷きになっていた 一緒にマットの下敷きになっていたマネキンや長いクッションを駆使してマットから脱出すると横長の木造の廃墟みたいなところの庭にいた 草がぽつぽつと生えていた マットの外にはツインテの女がもういた
なんやかやあってこの世界にはちょっと長くいないといけないっぽい このへんはよく覚えていない メガネがトイレを作ってそれにツインテがケチをつけていたり それしか覚えていない
やがて悪さをしていた黒い神に気に入られることに成功して自ら封印されてくれてこの世界から抜け出せることになった このときにはもう何故か男ふたりもいた というか全員でごろく人はいたきがする 女のどちらかが持っていた謎の機械には白い神が内包されていたがこの世界においては権限を持たないため何もできなかった 黒い神は脱出する直前にその存在に気づいて昔なじみに会ったみたいにはしゃいでいた この白い神や黒い神の程度の位の神たちはあまねく平行世界にもれなく存在しておりその世界の時間までをあやつることができる メガネはそこまでできない 平行世界の神たちはすべてが似たような状態になるようになっているらしい

フィクションの世界から抜け出す 直線のみで構成された黒い金属の廊下を男二人が歩いていた 片方はずっと金属をたたいてならしている 曲がり角にさしかかると女二人がでてきてどこ行ってたんだよみたいになる みなフィクションへ行っていたときの記憶がないようだった しかし何かを忘れているような思いがある
同じく金属に囲まれた大広間に向かいかなり幅の広い階段を降りているとき金槌の男がみんな食事のときの記憶を失っているのではないかと言った 自分はたこ焼きを食べたという記憶がないがたこ焼きという響きを聞くと近い過去に確かにその存在のようなものがある みんなそれに共感を示して各々の食べたものについて語っていた

大広間から続く部屋では大麻が栽培されていた 主人公っぽい男はコンビニで買ってきたプリペイドカード(黒い神を封印し続けるためには都度課金が必要)の番号をスマホのカメラで読み取ろうとするがなかなかうまくいかない 隣の金槌は番号が無効だったらしくあーだまされたとなげいていた 主人公男の祖母が不意に現れ大麻とその他違法薬物的な葉っぱを詰め込んだマチ付きの薄い袋を餞別に手渡していた 旅の面々はこれからまた別のどこかへ向かうらしかった

電車の中にいた 夕方だった 女のひとりはスト魔女の主人公の耳をなくしたみたいな感じのやつになっていた 四人がけの向かい合った席で主人公男はスト魔女のとなりにすわっていた めちゃくちゃスト魔女の前髪を手ぐしで撫でたかった 主人公男が正直にそのことを伝えるとスト魔女はこれはすごく重要なことなんですよ的なことを言って触らせることをとても渋っていた メガネの女がでも触らせた方がいいらしいよみたいなことを言ってスト魔女は頼みを聞き入れる 主人公はおもむろにそれに触る 柔らかい

電車が駅に到着する この駅はかなり高いところにあってギザギザに降りていくとても長く手すりのない危険な階段を半日がかりで降りていく必要があった また空の上だった


ここまで覚えている

 


四人とあと少しくらいの面々の旅を本当に長いこと眺めていたように思うがこれだけしか覚えていない もちろんここに書けたお話の途中途中にも無数の埋め草があったはずでもっと長いもののはずなのだがもう全然覚えていない 目が覚めてメモをしておこうと思ったときまでは破綻のない一貫性のあるかなり物語をやっていてすごくおもしろい旅の夢だったような気がしていたし内容もかなり覚えていたはずなのだが わざわざ体を起こしてPCの前に行くというワンクッションがもうだめなのかもしれない 誤字を修正しているのもよくないかも

あとは主人公男の父がどこかで出ていた気がする 電車かな あとウマ娘ゴールドシップも これはトイレつくるくだりだった気がする あと主人公男が、主人公男の友人がゲーム配信をしていてすごく面白かったときのことを思い出して笑う場面があった これは金属の大広間のあたりのはず こんな場面が大体このときにあったよなというような周辺情報みたいなものまでは覚えているのだが時系列がてんでわからないので文章に挟むことが出来ない

もう書くこともない 久々に夢日記を書いたような気がする この文章も実際の夢からはかなりかけ離れてしまっているんだろうが でも確かにあったように感じる事実列を書き連ねはした これを見て夢の世界の雰囲気やそのときの心の感覚みたいなものを思い出せるのは書いた本人だけですが まあ夢日記はそれでいいのか
時計を見ると三時間ほどしか寝ていないがものすごく長い夢だった なんか睡眠時間が短い方が長くて濃い(内容を覚えていやすいだけか)夢を見ているような気がする 書いていたら目が覚めてきたのでこのまま起きて原神でもやります

 


そのまま寝ていたら続きが見られたのかもと思うと惜しいことをした気もする 本当に久しぶりの好きな雰囲気の夢だった

それでは

daipasitenai

またひとつ歳をとりました 何もしていないのに1年だけはしっかりと経っていて最悪です

 

 

 

今回はやっていないダイパリメイクの話をします

 

友人がダイパリメイクを買ったためプレイしている様子を横で少しだけ見ていた
ポケモンはBWまでしかやっていないが、割と熱心にやっていた数少ないシリーズもののゲームだった 中でもダイヤモンドパールは最も世代で最も時間を費やしたタイトルだったので思い出深く、まあなんとなく覚えているところもあるだろうなと思いながら友人のプレイを眺めていた
ポケモンというゲームは大体が主人公宅の二階にある自室からはじまり、それから何やかや博士に会いに行くのが鉄板で、今回ももちろんそうだった グラフィックの感じは慣れないもののしっかりとポケモンをしていた しっかりとポケモンをしていて、それはシリーズ共通の感覚であり、おれは普通に新しいポケモンを見せられていた

主人公はせっかちなライバルの提案で最初の町のすぐ近くにあるシンジ湖に行くことになる 201ばんどうろを北西に進み突き当たりまで行くとそれまでのBGMが止まりマップの遷移が行われ景色が開けてそこには湖が見えてまた新たにBGMが流れ出す

懐かしすぎる

マジで懐かしい 曲と景色の紐付きみたいなものがすごすぎてあまりに強度の高いノスタルジーがある 昔の曲・昔の景色・今の曲・今の景色がすべて相互に結びついて情緒がとにかくおかしくなってしまう 主人公とライバルが野生のムックルに襲われナナカマドのカバンからやむなくポケモンを取り出すときの、あのカバンの勢いづいた開き方や中のモンスターボールのはね方なんかは今さっき見てきたかのようですらあった
というかおれはダイパの雰囲気が好きだったのだ 湖とか湖に存在する神たちとかその神話とかが好きだった 正直もう雰囲気しか覚えていないがダイパの伝説ポケモンはやけに観念的なものが多かったような気がする 時と空間と、ギラティナは異次元?か何かで、陸海空とか炎雷雨とかやっていた旧シリーズと比べてちょっとかっこいい感じがしたのだ 今がどうなっているかはわからないが とにかくそのスケールの大きさや観念的な具合がすごく好きだったのだ

それからはもう、あー懐かしい懐かしい懐かしいあ~とか言いながら友人のプレイを見ていた コトブキの曲も序盤の野生ポケモンの鳴き声もデザインそのままのポケッチも何もかも懐かしい

おれもダイパリメイクを買おうかな

 

 

あと苺ましまろのフィギュアの顔が丸すぎて神なので是非みてください

他に書くことは特にない 本を何冊か読んだくらいだと思います

 

 

そろそろやるべきことをやらねばという感じです やれればいいが

それでは

睡眠と覚醒と原神を繰り返す日々を送っています

 

 


f:id:shall-patchy:20211109195845j:image
f:id:shall-patchy:20211109195851j:image
これがおれの一ヶ月半と二万の成果です

 

あとは早柚が完凸してうれしかったりとか武器ガチャを天井まで引かされてげんなりしたりとかという感じです 樹脂がまったく足りていなくて、育成の手が全然回りません
まあゆっくりやっていこうと思います

原神やってるかたおられましたら良ければフレンドになってやってください 画像にもありますがUIDは843664719です よろしくおねがいします

 

 

 

最近は本当に何もやっていません

プロットにも全く関わっていないし何か新しいコンテンツに触れているわけでもなく、無の時間を過ごしております やるべきことはあるんですが、そちらにも手をつけておらず消化すべきものがたまっていくのみ 読みたいなと思って買った本も積み続けております

考え続けているものはあるけれど、これはもうどうにもならないのではという予感がひしひしとしておりどこかで折り合いをつけるべきなのかもしれません でもどうしてもその考え続けているものを何とかしたい とりあえず頑張ります 頑張りますしか言えん

 

 

あとは何だろう
最近CCさくらを少しだけ見返したらOPの画面や本編の空気感がまじで良かったりとか、きらら展とかコミティアとか行きたいところはあるがどうしようかなと思っていたりとか、という感じです
鬱々と書いたが、結構元気にやっているかもしれません まあ頑張らなきゃいけないというのは本当の本当なんですが……

 

それでは

マダガスカル

ここ二週間くらい何もしてないな……って思ったら三ヶ月くらい何もしてませんでした もう終わりや

 

まあ、最近のことについてまた色々書いていきます

 

サニボ追記

少し前に未視聴の友人を誘ってSonny Boy2回目を見たので、そのとき考えたことについて備忘録的にぽつぽつと

 

・漂流世界は、あらゆる可能性が存在して光として実際に見えた世界であり(可能性だからいつまでも漂流できるし、見た分だけ無限に「この世界」は存在する)、その可能性の光がすべて閉じられたときにようやく一つの現実の世界に辿り着くことができる

・希は怪我をした鳥(最終話における雛)を助けたい人間であり、怪我をした鳥を助けるような人間が好きであり、そのような友人を求めていた
 漂流世界から帰った長良は雛を率先して助けようとしており実際に希にも好意的な反応をされるが、希には既に朝風という雛助けに協力的な友人がいて、長良はそれで良いと感じた 希の見た光、希が誰かとともに雛を助ける世界には辿り着いていて、それで良い
 あと、鳥を見殺しにすることは可能性に見ないふりをすることなのか

・手を伸ばすことは、手を差し伸べることでもあり、結果として手を引かれることでもある あるいは、共に同じ方向に行くということなのか

・希が途中でいじけてしまうのは、自らが死人=フィクションめいた存在であったことを知って実際の効力のようなものを持たず役に立つことができないと思っているから? しかし、フィクションであるからこそコンパスになれるのではないか

・希もまた託すことを望んでいた人間である

・視聴後に友人が長良って割と早い段階で救われていたよねみたいなことを言っていて、それは確かにそうなのかなという気がする 実際バベルの時点で既に長良は結構強靱で、しかしそれは希ありきの強さだろうとも思う

・最終話の走るシーンの長良の表情は本当に良くて、あれは光がコンパスの指す先として暗にしか示されないからこそという気がする ある光ではなく、お前がそこに光を見ている そしてこれは、自分にしか見えない光を追いかけた希の手を取った長良や、ひたすら走る長良の背中を追いかけるように走った瑞穂とかに繋がってくるのだと思う 間主観の願いのあり方というか、それが想像によってしか繋がらないとかそんな感じの話 二つのコンパスが同じように回るカットとかもそう(あれは光が無限に遠いから(あるいは仮想の光だから?)異なる座標に置かれた二つのコンパスがまったく同じように動くのかな、とか考えていた)
 何というか、Sonny Boyの良さを全部願いとか漠然とした美しさとかに回収してしまいがちで、あんまり良くないなと思っている

・可能性を最初から振り直す際にできるのはコンパスが指す方角に全力で走ることくらいで、あれってサイコロを振るときに望む出目を思い描きながらめちゃくちゃデカい声で叫ぶみたいなことなんだと思います

・やまびこがこだまに伸ばせなかった手を代わりに長良に伸ばしているみたいなシーンもあったな

・最終話で助けるのが怪我をした成鳥ではなく雛なのって、可能性の引き継ぎみたいな話なんですかね 帰ると孵る

 

なんかこじつけっぽくなってきたが、まあ個人の感想としては別に良い気がする
Sonny Boyを見てからというもの、最終話の走るシーンとサニーボーイ・ラプソディについてしか考えていません

 

閃光のハサウェイ

これはまた別の友人と見て、ギギとかいう奴なんやねんとかかき乱すだけかき乱したが何か効力あった?とか1クールアニメの半分だけ見た気分なんだけどとか思ってたら三部作らしくて安心しました 三部作だというアナウンスが足りなすぎる

感想としては、会話が特徴的で良かったりとか普段あんまり見かけない背景の感じが見れて良かったな~ぐらいのものです 続きを劇場で観るモチベーションはあんまりない

 

Outer Wilds

一時間弱やったら酔いすぎて四時間ぐらい寝込んでしまいました 一回起動しただけのスカイリムをすぐ売っぱらった記憶が蘇ってきます
10分に一回ぐらい小休止してたのにこのざまです 面白そうだが、クリアまでいけるのかこれは

 

ミラV

ツイッターで見かけたミラクエナジーVとかいうエナドリを箱買いして、ここのところほぼ毎日飲んでいる
これがなにか、ヤバい
一本目は全然大丈夫だったのだが毎日飲んでいると徐々にヤバい感じがしてきてこのまま飲んでいたら不可逆的に生活と肉体が破壊されるのではという不安すらある グラムあたりのカフェイン量が多いらしいのだが、一体何がこんなに悪さをしているのか 一時期ZONeを常飲していた時にはなかったものがある

 

ベースブレッド

プレーンだけ異様に不味い 異様に不味いというか、栄養素を補おうとする際にどうしても発生してしまうえぐみを他の味(チョコ、シナモン、メープル)はその風味でもって何とかごまかしているのに、何故プレーンだけ直球勝負を仕掛けてきているのかわからない まあ食えんこともないですが…

 

気温

寒すぎる 寒すぎるが、外出したときの冷気が早すぎる冬の訪れという感じで最高でした それにしても寒すぎますが

 

 

 

最近は、もう助からないところまで追い詰められてしまったんじゃないかという感じがずっとしています 苦しくて身動きがとれず、しかしその間にも追い詰められている
まだ助かると言ってくれ

 

それでは

原夢希

最近のことを色々書く 原神、夢見、サニボについて

 

原神

ひょんなことからps4が手に入ったので以前から少し気になっていた原神をひやかし程度にプレイしたるか~と思ってやっていたら何故か生活を持ってかれています
原神はとにかくウェルメイドなオープンワールドという感じで(オープンワールドのゲームをそもそもほとんどやってませんが)、昔プレイしたブレワイがあまり肌に合わなかったので原神の方も長々と遊ぶことはまあないだろうと本気で思っていたのですが、めちゃくちゃやってしまっている
おそらくキャラの良さみたいなものが大きくて、プレイアブルキャラの3Dモデルがかっこよかったり可愛かったりするのってすごく重要なことなんだと思います

とりあえず星5キャラが一人くらい欲しいなと思いせっせとガチャを回していたんですが、胡桃が復刻するらしいのでそこまで石を貯めることにしました 今の主力はなんかやたらと出て重なったロサリアと元素爆発が異様に強い行秋なんですが、これからも当分の間頑張ってもらうことになりそうです
胡桃のピックアップが始まるのと、恒常が天井に届くのと、どっちが先でしょうか

 

夢見

最近かなり夢見が悪いです 原神で酔いに酔ったまま就寝しているのも少なからず影響しているんでしょうが……
長時間睡眠をとるのがかなり難しくなっており、この前小刻みに四度寝くらいしたときに七個ぐらい悪夢みた時は流石にやばいなという感じでした 夢って一度の睡眠の中でも世界や物語が急に途切れてガラッと変わったりすることがあると思うんですが、皆さんはどうなんでしょう

中学の頃から最近に至るまで、夢の途中で目が覚めたときまたすぐ眠りに就くと今まで見ていた夢の続きをかなりの高確率で見ることができたのですが、これも一般的なことなのかどうかわかりません まあとにかくこれができていた時は夢の続きを見るために眠る……みたいなことを地で行っていたわけです そして最近はこれがまったくできなくなってきておりしかも悪夢ばかりを見るしで、夢というものがかなり嫌なものになってきました
早くまた夢を好きになりたいですね 夢日記を書くのも好きなので

 

Sonny Boy

9話で止まってしまっていたところを、昨日101112話と一気見して完走しました かなり良かったです 正直まだよくわかっていないところが多いんですが、最終話が良くて、そこから翻って色々なものが美しく立ち上がってきた感じがあります 可能性とは願いや幻想に過ぎず世界が思い通りになることはないという透徹した前提が好ましい

長良と瑞穂が走るところは本当に良くて、無数の可能性の中でコンパスが指し示すただ一つの光に向かって走り続けるというのが、世界を賭け世界に掛ける最も切実な願いの、そのあり方なんだろうと思います ここではない世界を求めるにあたっては、希(のぞみ)の光に向かってただひたすら走り続けるほかにありません

走る前に朝風がコンパスを渡すところも良くて、あれは希に手を伸ばせなかった朝風が代わりに伸ばした手とも言えます 希に手を伸ばした長良と伸ばさなかった朝風はそのままコンパスの光を追いかけたか否かに対応するわけですが、光を追いかける素振りがもはやない朝風がそれでも長良にコンパスを託すのが良い そういう願いというよりもはや祈りと呼ぶべきようなものは確かにあって、それはそれで良いのだと思います 効力を持っていないというか、もう干渉することのできない地点に対する祈りがある

そして、長良たちがついに辿り着いた世界では、朝風は希と上手くやっており、長良は約束を果たすことがないまま続く人生を生きていく 手に覆われて光の見えなくなったコンパスを、元の世界を目指し続けた漂流生活の残りものがぐるぐると回し続ける 見えない可能性の光を、漂流はあったはずなんだと信じるように、信じ続ける……
本当に良かったです

 

あと、コンパスを受け取った長良が雛鳥の受け取り手にならなかったこととか、希はもともと死人(=フィクション)であるがゆえにコンパスたることができたのだ…とか思ったけどよくわからなくなってきたこととか、色々あるんですがとりあえず今書くことはこれぐらいです またどこかでこういう作品が見れたらいいなと思います

 

 

 

今回はこれぐらいで

近頃はやりたいこととやるべきことがバッティングしたりして大変な感じですが、プロットなど頑張っていけたらいいですね

 

それでは

play for

f:id:shall-patchy:20210928014439j:image
ついに我が家にps4が上陸しました 一世代遅れです

 

兄がps5の抽選をぶち当てたため1万円でお出迎え
とりあえず久方ぶりのデスストを起動し、いくつか依頼をこなしたりひたすら高所を目指したりルーをあやしたりなどしていました 本当に酔って、目と頭がとにかく痛い
今までは兄の元へわざわざ出向いてプレイをしていたので一人でゆったりとやるのはなんとこれが初めてになる これでもう隣から下手じゃねwwとつつかれながらデスストをしなくて済みます
デスストではストーリーの随所でLow Roarの音楽が流れるが、その音楽自体もさることながら流れるタイミングがすごく良かったなということをプレイをしながら思い出していた そしてクリア後はそれがなく少しさみしい クリア後のデスストというのは本当に静かです

 

ちょっと原神を触ってみたかったので今ダウンロードをしながらこれを書いてます 34GBとかあってウケたが今のゲームって全部こんなものなんですかね 全然詳しくないのでわかりません なにかおすすめのソフトとかあれば教えて下さい
今、十三機兵が手元にあるのでこれはいずれやると思います あとキンハーも少しだけやってみたいかも 魔女百ももう内容がほとんど頭に残っていないので気が向いたらまたちょっと触りたいですね

 

 

最近はプロットを練ったりインプットをしたりして何も進まない毎日です 何とか頑張りたいが

それでは

見たアニメ

最近は何もしていません

 

またブログ更新が2週間近く空いてしまいました
本来、前回の続きということで読んだ漫画②をやっていくはずだったんですが、気力がなくなってしまったので今回は見たアニメをやっていきます 沢山見ているというわけではないのでそこまで大変じゃないはず まあ自分用の整理です

Wikipediaをスクロールしながら、古い順に挙げていきます なお、全話見たテレビアニメに限ります

 

 

 

1.新世紀エヴァンゲリオン

 

2.カードキャプターさくら クロウカード編

 

3.カードキャプターさくら さくらカード

 

4.serial experiments lain

 

5.フリクリ

 

6.エイリアン9

 

 

7.灰羽連盟

 

8.苺ましまろ

 

9.コードギアス 反逆のルルーシュ

 

10.ひだまりスケッチ

 

11.ハヤテのごとく!

 

12.ぼくらの

 

13.電脳コイル

 

14.さよなら絶望先生

 

15.ファイアボール

 

16.ひだまりスケッチ×365

 

17.とらドラ!

 

18.今日の5の2

 

19.とある魔術の禁書目録

 

20.ハヤテのごとく!!

 

21.化物語

 

22.GA 芸術科アートデザインクラス

 

23.とある科学の超電磁砲

 

24.バカとテストと召喚獣

 

25.ひだまりスケッチ×☆☆☆

 

26.Angel Beats!

 

27.侵略!イカ

 

28.とある魔術の禁書目録

 

29.魔法少女まどか☆マギカ

 

30.ファイアボール チャーミング

 

31.バカとテストと召喚獣にっ!

 

32.輪るピングドラム

 

33.侵略!?イカ

 

34.Fate/Zero

 

35.キルミーベイベー

 

36.男子高校生の日常

 

37.氷菓

 

38.人類は衰退しました

 

39.中二病でも恋がしたい!

 

40.ヤマノススメ

 

41.たまこまーけっと

 

42.やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

 

43.はたらく魔王さま!

 

44.進撃の巨人

 

45.ゆゆ式

 

46.とある科学の超電磁砲S

 

47.変態王子と笑わない猫。

 

48.有頂天家族

 

49.境界の彼方

 

50.京騒戯画

 

51.スペース☆ダンディ

 

52.中二病でも恋がしたい!戀

 

53.一週間フレンズ。

 

54.ノーゲーム・ノーライフ

 

55.ご注文はうさぎですか?

 

56.ピンポン THE ANIMATION

 

57.ヤマノススメ セカンドシーズン

 

58.Fate/stay night [Unlimited Blade Works]

 

59.七つの大罪

 

60.甘城ブリリアントパーク

 

61.冴えない彼女の育てかた

 

62.やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続

 

63.ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

 

64.プラスティック・メモリーズ

 

65.六花の勇者

 

66.干物妹!うまるちゃん

 

67.がっこうぐらし!

 

68.ハッカドール THE・あにめ~しょん

 

69.ワンパンマン

 

70.僕だけがいない街

 

71.魔法少女なんてもういいですから。

 

72.宇宙パトロールルル子

 

73.甲鉄城のカバネリ

 

74.モブサイコ100

 

75.魔法少女なんてもういいですから。 セカンドシーズン

 

76.フリップフラッパーズ

 

77.舟を編む

 

78.龍の歯医者

 

79.有頂天家族2

 

80.少女終末旅行

 

81.ファイアボール ユーモラス

Amazonにユーモラス関連のものがなにもない……

 

82.ゆるキャン△

 

83.カードキャプターさくら クリアカード編

 

84.ヤマノススメ サードシーズン

 

85.少女☆歌劇 レヴュースタァライト

 

86.SSSS.GRIDMAN

 

87.私に天使が舞い降りた!

 

88.ID :INVADED

 

89.デカダンス

 

90.ゲボイデ=ボイデ

ゲボイデ=ボイデ

ゲボイデ=ボイデ

  • Walt Disney Records
Amazon

Amazon商品紹介これしかなかった……

 

91.ゆるキャン△ SEASON2

 

92.ワンダーエッグ・プライオリティ

 

93.ゴジラS.P<シンギュラポイント>

 

94.SSSS.DYNAZENON

 

95.オッドタクシー

 

96.RWBY VOLUME1-3: The Beginning

 

97.Charlotte

思い出したので、付け足し

 

 

〈番外編:見たいアニメ〉

ひぐらし 話数が多すぎる

スト魔女 同上

ARIA 話数は多いが、これはだらだらと見ればよい気がする

・邪神ちゃん アニメがどんな感じなのかちょっと気になる

・スケッチブック 時間があるときに見ると思う

・パンスト 今ちょこちょこ見ている

妄想代理人 前に三話ぐらいまで見た

・マギアレコード 一話だけ見た

ルルーシュ二期 頑張って25話みたらもう25話あったやつ

ローリング☆ガールズ どんな話なのかよくわかっていない

・スペダン二期 まあ気が向いたときに

・シュタゲ 機を逸した感じがある

けもフレ リアルタイムの盛り上がりとともに見たかったという気持ちが強い

ゆるめいつ これはすぐ見れる

らき☆すた だらだら見たい

平家物語 FODに入らないと見れない

キルラキル 見たいなと思いつつ見ていない

 

 

今回はこのくらいで…